HOME民間救急サービス>ご利用料金

ご利用料金

料金の基本的なしくみ

関東民間救急センターの民間救急車

民間救急車のご利用料金(基本)
=運賃+介助料+消費税

別途、必要に応じて、下記が加算されます。

  • 資器材の使用料
  • 看護師要請料
  • 有料道路使用料
  • 駐車料金

なお、障害者割引、会員割引、長距離搬送割引等が適用される場合もあります。お見積りは無料で承っております。お気軽にお問合せください。

運賃 ※計算方法が複雑です。お見積もりをご依頼ください。

  

民間救急車の運賃は、要請を受けて営業所または車庫や駐車場を出発した時から、搬送を終えて帰着するまでの走行距離または時間により算定されます。時間と走行距離それぞれによって算出し、いずれか高額なものが運賃となります。

初乗運賃
最初の30分または走行7.5kmまで 2,700円
加算運賃
A 8時間または走行120kmまで
30分または走行7.5kmまでを増すごとに
2,300円
B Aを超え16時間または走行240kmまで
30分または走行7.5kmまでを増すごとに
2,050円
C Bを超え24時間または走行360kmまで
30分または走行7.5kmまでを増すごとに
1,950円
D 24時間または走行360kmを超えたとき
30分または走行7.5kmまでを増すごとに
1,850円
  • 上記は運輸局許可運賃です。
  • 加算運賃は、各区分ごとに計算します。
  • 算出された運賃には、消費税が加算されます。
  • できる限り近くの事業所を選ぶことで、より安く利用することができます。お近くの事業者の紹介をご希望の方は、一般社団法人全民救患者搬送協会の全民救コールセンターをご利用ください。
関連リンク

介助料(ケアチャージ料)

介助料(ケアチャージ料)
最初の1時間まで 3,150円 (税込)
以降30分増すごとに 1,050円 (税込)

付添看護師要請料

付添看護師要請料
最初の1時間まで 4,200円 (税込)
以降30分増すごとに 2,100円 (税込)
  • 医療処置をしながらの搬送の場合には、付添看護師が必要となります。

移送費の支給を受けられる可能性のある方

移送費支援イメージ

医師の指示により転院する場合、健康保険加入者で健康保険組合に認められると、移送費が支給される場合があります。くわしくは各市区町村役場の国民健康保険課もしくは社会保険事務所にお問合せください。

下記が申請に必要となります。なお、市区町村によって異なることがありますので、こちらもあわせてお問合せなさってください。

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 領収書
  • 医師の移送を必要とする意見書
  • 移送経路図
  • 世帯主の振込通帳

Copyright© KantoMinkanKyukyuCenter Co.,Ltd. All Rights Reserves.